御杖村の半夏生

31

奈良県の東の端っこ、御杖村。そこにある岡田の谷の半夏生園。
地元の方が丹精込めて育てられています。入園も無料。管理されておられるおじさまに、帰りにアメちゃんまでいただきました(笑)。
(半夏生/はんげしょう)
32

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半夏生が生じるのでこの名があるといい,各地で種々の俗信や物忌が行われた。また「半夏半作」といって,この日以後田植えをしても収穫が少いとし,この日を田植え終了の祝日とした地方も多い。(ブリタニカからコピペ<(_ _)>)
33

(参考まで)
ここをクリックすると関連HPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

おふさ観音「風鈴」まつり

12_20190712201001

今年ものぞいてきました、「風鈴まつり」。
橿原市小房町。静かな古い住宅街、近くを飛鳥川が流れています。
おふさ観音(おふさかんのん)。奈良県橿原市にある高野山真言宗の寺院の通称名。正式名称は十無量山観音寺。イングリッシュローズが境内に所狭しとあふれる「花まんだらの寺」としても知られています。薔薇はシーズンが終わっていましたね。
11_20190712201001

13_20190712201001

(参考まで)
ここをクリックすると公式HPへ

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

藤原宮跡の蓮はこれからです

21_20190712200301

開花した蓮の花の向こうに畝傍山や耳成山、香久山が一望です。大和三山に囲まれた藤原宮跡は、季節ごとに様々なお花畑が楽しめる花見スポットです。春には菜の花と桜、夏になると蓮やキバナコスモス、そして秋には一面のコスモス畑が広がります。邪魔する建物など何もなく、ただただ広い敷地内に満開の花々が咲き誇る様子は素敵です。今は、ハスが見頃です。
22_20190712200301

参考まで、関連HPです→ クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

黄檗宗・万福寺にも寄ってきました。。。

21

 紫陽花の三室戸寺からトボトボ歩いて、梅雨前の蒸し暑い中、万福寺(萬福寺)へ。日本の禅宗は、臨済宗や曹洞宗が有名ですが、もうひとつ「黄檗宗」があります。江戸時代、関が原の戦いが終わり徳川幕府が安定した時代、日本の近世以前の仏教各派の中では最も遅れて開宗したのが、黄檗宗だそうです。当時の中国の明から、僧の隠元(いんげん)が日本にやってきて開山したのが黄檗宗で、本山が京都の宇治にある万福寺です。
写真は、天王殿の布袋様です。お堂前の解説では、布袋様は、弥勒菩薩様の化身で、お釈迦様が入滅後56億7千万年後(この時間は地球を含めた太陽系が消滅するまでに残された時間ぐらいだとか、天女が絹の衣で大きな岩をハラリとなでて岩がなくなる年数とか、、、)に、弥勒如来様となって、私たちを救うためにこの世にお越しになられるとか、、、気の永い話しではありまする。(笑)
弥勒菩薩(如来)様って、中宮寺(奈良)や広隆寺(京都太秦)の弥勒菩薩様のように半跏思惟像のような物思いにふける女性的な仏様のイメージですが、ここの化身の「布袋様」はちょっと何なんだなあ、ま、愛嬌はたっぷりでした、、、失礼 <m(__)m> いたしました。
開山の「隠元(いんげん)隆琦」禅師が来日した際に日本に持ち込んだためにその名が付いたとされるのがインゲンマメだそうです。
また、万福寺の周辺には、普茶料理(ふちゃりょうり)のお店がありますが、これは隠元禅師が中国から伝えた精進料理だそうです。残念ながら、わたくしお酒の伴わない、まじめなお料理は苦手で、、、(笑)

23
22_20190620230001 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

三室戸寺の紫陽花、、、

11

 近畿は今だ入梅せず、過去に、梅雨が無かったこともあったとか。
12

京都の宇治にある西国第十番札所「三室戸寺」は花のお寺、紫陽花で有名です。
でも、雨の中の紫陽花を見たかったのに、、、残念。
13

 14 


にほんブログ村

| | コメント (0)

恵美須町から阪堺線に乗ってみた

1_9

今日は久しぶりに日本橋のデンデンタウンをブラブラ散策。物欲凄まじいが、懐がピイピイで冷やかし半分プラプラ、たどり着いたのが恵美須町。久しぶりに阪堺線に乗ってみました。大阪にもこんなところがあるのです(笑)。
2_7

 3_6

阪堺線は、大阪府大阪市浪速区の恵美須町停留場から大阪府堺市西区の浜寺駅前停留場までを結ぶ阪堺電気軌道の路線です。
4_5

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

京都鉄道博物館が休館日とは、、、

Img_20190605_122825

今週の水曜日は、久しぶりの京都市内へ。目的は、京都鉄道博物館と新駅「梅小路京都西駅」。ところが、何の下調べもしていなかったので、鉄道博物館は静かに鉄の門扉で囲われていました(涙)。隙間からスマホでパチリ(笑)。
Img_20190605_120328

さて、次に、どこへ行くか、ま、とりあえず、旧花街の島原をお散歩。「島原大門」や「角屋もてなしの文化美術館」の建物が当時を想わせます。観光案内の掲示板を見ると、江戸幕府に認められた花街として発展してきた島原のその名の由来は、九州で起きた島原の乱を彷彿させたことからとか。江戸時代中期には和歌俳諧等の文芸も栄え、幕末には新選組などの志士が駆け抜けたとか、近藤勇も土方歳三もここで、お酒を飲んでたんだなあ。。。
Img_20190605_122322

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

新型車両227系が万葉まほろば線初見参(笑)

Content

  先日、ブログにまだかまだかと書き込んだら、新型車両に出くわしました(笑)
写真は、三輪駅です、日曜日の午後、日本橋場外券売場からの帰り(笑)、高田行きとの時間待ちに、左側の105系の運転手さんに、新型いつから走るのって聞いたら、今から来る対向列車がたぶん新型でしょうって教えてもらい、電車飛び降りワンショット(笑)
どうも、和歌山線にはデビューしてたみたいだけど、万葉まほろば線は、5月1日からみたい、、、今のところ2~3編成で、昼間走ってるみたい(笑)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

«やるやる詐欺では(≧▽≦)あるまいか(万葉まほろば線)