« 大相撲幕内最高優勝力士へ「知事賞」が贈呈されるらしい | トップページ | 近鉄大和八木駅南側の再開発ビルが決まったようです。。。 »

飛鳥川の勧請綱掛け神事、、、明日香村

Photo
■栢森綱掛け神事・・・明日香村

奥飛鳥と呼ばれる明日香村から「芋峠」を経て、吉野方面に向かう道沿いの土地。栢森地区稲渕地区には、毎年一度、飛鳥川に渡した勧請縄を掛け替える「綱掛神事」が行われます。

1月11日に栢森で行われた女綱の綱掛神事に行ってきました。子孫繁栄と豊作とが一体と考えられていた時代の伝統行事。川や路を通って侵入してくる諸々の悪疫、禍害をそこで守護するための祈願行事だそうです

22  3

■栢森の綱掛神事(かやのもりのつなかけしんじ)

綱掛神事は、栢森と稲渕両大字に伝わる神事で、毎年正月11日に行われる。カンジョ掛神事ともいう。子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押し止め、住民を守護するための神事といわれている。栢森大字の神事の特徴は、全体を仏式で行うことである。福石(陰物ともいう。)と呼ばれる石の上に祭壇を設け、僧侶の法要の後、飛鳥川の上に陰物を形どった「女綱」を掛け渡す。一方、飛鳥川下流の稲渕大字の神事は神式で行うことが特徴で、「男綱」を飛鳥川に掛け渡しをする。 栢森大字の看板より

 

高市郡 明日香村

交通 : 近鉄 橿原神宮前駅または飛鳥駅

奈良交通明日香周遊バス乗車、「石舞台」下車徒歩約20くらいかなあ。

拙者は3時過ぎに訪れたらちょうど綱掛け本番に間に合いました。

Photo_2
稲渕の綱掛け神事・・・明日香村

■栢森の綱掛け神事の翌日(1月12日)も飛鳥へ。稲渕の綱掛け神事の第2弾です。

明日香村の稲渕地区では毎年一月の成人の日に「飛鳥川にかかった勧請綱の掛け替えがおこなわれるます。子孫繁栄、五穀豊穣を祈り、悪疫が村に入ってこないように祈る。飛鳥川にかかる巨大な注連縄で、勧請綱掛け行事です。稲渕には男綱がかかり、2キロ上流の栢森(かやのもり)には女綱がかかる。(栢森の綱掛けは毎年1月11日とのこと) 稲渕は神式で行われ、栢森は仏式で行われる。いずれにしても古代から受け継がれた、雄大で心豊かな伝統行事で

2  3_2

4  5

高市郡 明日香村

交通 : 近鉄 橿原神宮前駅または飛鳥駅

奈良交通明日香周遊バス乗車、「石舞台」下車徒歩約15くらいかなあ。

拙者2時過ぎに訪れたら綱の作成風景が見れました。綱掛け本番3時前後行けば間に合いまし

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

|
|

« 大相撲幕内最高優勝力士へ「知事賞」が贈呈されるらしい | トップページ | 近鉄大和八木駅南側の再開発ビルが決まったようです。。。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、
おはようございます。
飛鳥の記事を書いていまして、網掛け神事のことが分からなくて調べている間にこちらにたどり着きました。
一部記事をコピーさせて頂きましたのでご了解下さい。

投稿: matsubara | 2017年2月12日 (日) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541333/60968011

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥川の勧請綱掛け神事、、、明日香村:

« 大相撲幕内最高優勝力士へ「知事賞」が贈呈されるらしい | トップページ | 近鉄大和八木駅南側の再開発ビルが決まったようです。。。 »