« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

三尾の名刹(栂尾山高山寺、槇尾山西音寺、高尾山神護寺)を巡ってきました

Photo

                      神護寺山門

「京都 栂尾 髙山寺 恋に疲れた 女がひとり~、、、」ご存じ永六輔、デュークエイセスで有名な「女ひとり」の2番目の歌詞です、、、昭和だなあ(笑)、で栂尾へ行ってきました。

今年に入って初めての京都行、ことしは何回来れるかなあ、、、で、先週末の大雪が残っていたら、雪景色の古刹が見れるかもと淡い期待を持って、京都駅からJRバスで周山街道を揺られてきました。

栂尾に近づくにつれかなりの残雪が、周山街道はなんとかチェーンやスタッドレスはいらないようですが、脇道に入るとアイスバーンになっているところも、、、なんせ、今日の3つの寺は、密教系の寺院につき山岳寺院、ちょっぴり不安が頭をよぎる(笑)結論を申しますと、神護寺の帰りの下り道(石段)で3回転倒しました、、、。涙 (>_<)

Photo_2

                 高山寺山門

高山寺は、密教系寺院らしく山間に伽藍が分散して配置され、それらを石段で渡って行きます。

Photo_3

              西明寺山門

西明寺は小ぶりの寺院、雪が似合います、特に、周山街道から清滝川を渡る朱塗りの橋あたりが綺麗です。

Photo_4

             神護寺金堂

今日のメインの目的は、平安三絶の鐘と称される神護寺の梵鐘(国宝)を見たかったのですが、残念ながら、鐘楼の中に厳重に囲われて拝見できず、神護寺の国宝は、金堂の本尊薬師様をのぞいて年に数日開陳されますが、梵鐘は対象外とのこと、もう、鳴ることのない梵鐘なんだなあ、、、(ひびが入っているそうです)

20170118_134200

                 神護寺仁王さん

神護寺境内は真っ白で来訪者も拙とあと1、2人程度。金堂では寺務の方に、じっくり解説をしていただき、国宝薬師如来とセット(薬師三尊といいます)の日光・月光菩薩、それを取り巻く沢山の重文仏像群、レプリカではありますが、教科書などでよく見る源頼朝公の絵や、紫綾金銀泥両界曼荼羅図(高雄曼荼羅)、弘法大師空海が、伝教大師最澄に灌頂(密教の重要な儀式)を行ったとされる時のメモなども懇切丁寧に教えていただきました。ありがとうございました、おかげで良い冬の一日を過ごせました。

しかし、このあたりは、紅葉のシーズンがベストのようですね。ただし、高山寺や西明寺は、紅葉シーズンのみ拝観が有料とか(笑)   

   1     2

高山寺

京都市右京区梅ヶ畑栂尾(とがのお)町にある寺院。高山寺は山号を栂尾山、宗派は真言宗系の単立。創建は奈良時代と伝えられます。実質的な開基(創立者)は、鎌倉時代の明恵である。もともとここにあった神護寺の子院が荒廃した跡に神護寺の文覚の弟子であった明恵が入り寺としたもの。

あの有名な「鳥獣人物戯画」や、絵画、典籍、文書など、多くの文化財で知られています。また、「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。

神護寺(じんごじ)

京都市右京区高雄にある高野山真言宗遺迹(ゆいせき)本山の寺院、山号が高雄山。本尊は薬師如来、開基は和気清麻呂さん。京都市街の北西、愛宕山(924メートル)山系の高雄山の中腹に位置する山岳寺院で、紅葉の名所として知られ、清滝川に架かる高雄橋から長い参道を歩いた先の山中に金堂、多宝塔、大師堂などの堂宇が建つています。神護寺は空海(弘法大師)が東寺や高野山金剛峯寺へ移る前に一時住した寺であり、最澄もここで法華経の講義をしたことがあるそうです。

西明寺(さいみょうじ)

京都市右京区にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は槇尾山(まきのおさん)、本尊は釈迦如来。京都市街の北西、周山街道から清滝川を渡った対岸の山腹に位置する。周山街道沿いの高雄山神護寺、栂尾山高山寺とともに三尾(さんび)の名刹として知られる。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »