« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

高野山(金剛峰寺)へ村の旅行でした(笑)

1

昨日は、村()の親睦旅行、ま、付き合いは、最低限、、と考えている、わがままな拙者ですが()

日帰りバスツアーで、高野山とのこと、何か、中途半端()でも付き合いました。

2   3

かみさんに、行くかどうか聞いたら「忙しい!」と、一蹴され、拙者一人で参加、、、ひたすらバスに揺られる日曜日でした。

まずは、徳川家ゆかりの蓮華院で法話と精進料理、その後、拙者だけ、単独行動で、金剛峯寺の見物。大搭の大日如来様などに、お会いさせて頂きました。

4   5

ま、駆け足の日帰りバスツアー、時間の制約はやむを得ないところですが、高野山は改めて、ゆっくり時間の許す限りまわりたいものです。


にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

送る仏と、迎える仏、、、京都二尊院へ

1

昨年から、ポチボチ出かける京都。。。3月以降は色々と家事所用で、奈良の地を離れられず、、、やっと、時間と心に余裕が少しでき、平日の京都へ。。。

いつもの京都駅バスターミナルの掲示板前で、暫し、たたずむなり(笑)。東アジア系の言葉の喧騒の中、思案する。所期の目的は、二尊院、、、だが、何といってもここは、紅葉なんだよねっ。「秋まで置いとくか」。っと、洛西の方に眼を向ければ「苔寺」の案内が、、、即決で、決定。

2   3

決まれはぼ早い。時間は12時過ぎ、先ずは腹ごしらえ、地下街にはいり、湯葉どんぶりとビール、、、。煙草も吸いたいので、食後のコーヒーと、煙草と、スマホ。

で、ヤフー検索で「苔寺」のサイトへ、って、またまた、予定変更!!! 何と、なんと、南都、、、苔寺って、予約制なんだ(笑)(ガク)(ショック)、おまけに、写経の義務まで付けられてる(笑)

ま、そういう事で、嵯峨野を目指すことに、京都駅から、嵐山・嵯峨野の大覚寺行き市バスに乗って二尊院を目指す。

ま、この界隈は超観光スポット(笑)アジア村かと見紛うなり、しかしながら、嵐山を抜けて、落柿舎、常寂光寺、二尊院、化野念仏寺と分け入る、奥嵯峨野は、、、いいですね、京都の良さが、平時なら、まだまだ味わえます。

閑話休題

4


(二尊院)

二尊院(にそんいん)は、京都市右京区の嵯峨野にある天台宗の寺院。山号は小倉百人一社で有名な小倉山の名前から「小倉山。正式には小倉山二尊教院華台寺(おぐらやま にそんきょういん けだいじ)という。二尊院の名は、本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像に由来する。総門を入った「紅葉の馬場」と呼ばれる参道は紅葉の名所として知られる。また奥には百人一首ゆかりの藤原定家が営んだ時雨亭跡と伝わる場所がある。

と、ま、ここまでの解説は、ウイッキからいただきましたが、仏様のステータスでいうところの、最上位の、「如来」様である、そっくりなお釈迦様と阿弥陀様が並んで鎮座、、、というか、立っておられますが、、、ありがたや。

5   6

釈迦如来様は、我々、衆生をこの世に送り出してくださるので、「送る仏様」、で、西方極楽浄土の盟主あられる、阿弥陀如来様は、我々が、あの世に行く際に、西の方にある極楽浄土でお迎えくださる「迎える仏様」ちゅうことですな。ありがたや。

しかし、酒と好きなアテをかっ食らい、煙草っをプカプカ、馬券好きの拙者には、、、。関係ないか(笑)

深緑の二尊院のカエデ、、、素敵っす。

7

(化野念仏寺)

ちょこっと足を延ばして、化野念仏寺へ。

この界隈は、いわゆる重伝地区(重要伝統的建造物群保存地区)です、いいですよ、雰囲気が、造り酒屋や茶店、、、おすすめです、愛宕念仏寺 の千二百羅漢も有名です。

8_2


で、立ち寄った、化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)は、嵯峨野にある浄土宗の寺。山号は華西山。化野は東山の鳥辺野(とりべの)、洛北の蓮台野と並ぶ平安時代以来の墓地であり、風葬の地として知られる。伝承によれば弘仁2年(811年)、空海が五智山如来寺を建立し、野ざらしになっていた遺骸を埋葬したのに始まるとされ、後に法然が念仏道場を開き、念仏寺となったという。本尊は阿弥陀如来像(寺伝に湛慶作というが実際の作者は不明)。

9_3   Img_20170525_150352

ひさびさの、骨休め、、、って、そんな働いてねえし(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

続きを読む "送る仏と、迎える仏、、、京都二尊院へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »