« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

柳生の里の大日如来様に、、、、、会えず、、、

11_2

秋雨前線もちょっと一休みの昨日は、柳生方面へ。

目的は、円成寺の国宝で有名な運慶作「大日如来」様にお会いすること、、、。

12

しかし、しかしである、しかしが2回も起こったのである。拝観料を払って、本堂に入ると、なななんと、ご本尊様は、大日如来様の定番の印相である「智拳印」ではなく、定印を結ばれておられる、それも、阿弥陀如来様の定番「阿弥陀定印」である。拙者のつたない知識では、たしか大日如来様は、座禅の時に組む「定印」のケースはあるが、指で輪っかをつくる、阿弥陀定印は、、、。無いよなあ、、、本尊をご案内する札もなく、“しかし”パンフレットを見ると、、、この方は、本尊の阿弥陀如来様で、大日如来様は「多宝塔」におられるとのこと、早とちり、恥ずかしい。

   Yjimage_1  Yjimage

     大日如来様         阿弥陀如来様

阿弥陀如来様に、お詫びを申し上げ、多宝塔へ移動。ところが本来公開されている、多宝塔の中がのぞけない、、、。おまけに、木製の重しのようなものに、「ガラスに近づいて覗いてください」とまで書いてあるのに、、、。しかたなく、受付まで戻って年配の女性に聞くと、なななんと、、、、2回目の“しかし”である(笑)、「ええ、大日如来様は、ただ今、東京の展覧会に、、、」て、出張中かよ(涙)

わざわざ、名阪国道「福住インター」経由で、猪か熊か鹿が飛び出しそうな県道186号の細っそい山道を超・非力なタントで恐る恐るやってきたのに、、、。だいたいが、先々週の京都行で智積院の長谷川等伯親子の作・国宝「楓図」も、出張中だったし、、、ついてないわトホホ。。。

   13   14

で、帰り道は、奈良市内へ出て、コスモスで賑わっていた、「般若寺」をのぞいて、帰ってきましたよ、なんか、いまいち、スッキリしない半日でした(笑)

追伸  

なお、円成寺のもう一つの国宝である春日移し(春日大社の御造替で円成寺境内に鎌倉期に移設された)の「春日堂・白山堂」は、建造物につき、出張はされておられませんでした。(笑)

おまけに、山門前の庭園が綺麗で、これからは、紅葉がひときわ映えるかも。。。なんでも、「大日如来様」は、12月中旬?頃まで、出張中とか、、、。事前に、お電話で確認された方がええよ(笑)寺の公式HPには載ってないみたいです。

【円成寺】

円成寺(えんじょうじ)は、奈良市忍辱山町(にんにくせんちょう)にある真言宗御室派の寺院。山号は忍辱山(にんにくせん)、本尊は阿弥陀如来。奈良市街東方の柳生街道沿いに位置する古刹で、仏師・運慶のもっとも初期の作品である国宝・大日如来像を所蔵する。正門にあたる楼門の前には平安時代の面影を残す、池を中心とした浄土式庭園(名勝)が広がる。国宝の、春日堂・白山堂は、本堂の脇に建つ2棟の社殿で、2棟とも同規模・同形式である。安貞2年(1228年)の再建といわれる。春日造社殿の現存最古の例として国宝に指定されている。明治初期の神仏分離令による破壊をまぬがれるため、仏堂風に「堂」と称されています

21

   23   24

【般若寺】

般若寺(はんにゃじ)は、奈良市北部の奈良坂ある真言律宗の寺院。山号は法性山、本尊は文殊菩薩。コスモス寺の名で知られる。創建は舒明天皇元年(629年)にまでさかのぼる古刹。楼門は、国宝に指定されています。本堂にある「唐櫃」は、鎌倉時代の大般若経の経箱で、南朝の大塔宮護良親王が笠置より吉野へ逃れる際に、身を潜め難を免れたと伝わる。

公式HP

http://www.hannyaji.com/

22

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

東山界隈(泉湧寺、今熊野観音寺、智積院)

Photo

昨日は、秋らしく気持ちの良い気候の中、東山界隈へ、東山連山の麓は京都盆地が一望でき、空気の澄んだこの時期は、眺望がすばらしい。

今回のお目当ては、渡来仏の楊貴妃観音さまと、長谷川等伯の襖絵など、、、。

Photo_2

【泉涌寺】

御寺泉涌寺みてら せんにゅうじ)は、京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派総本山(古義真言宗)の寺院。本尊は釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三世仏。

この寺は律を中心として天台、東密(真言)、禅、浄土の四宗兼学(または律を含めて五宗兼学とも)の道場として栄えたそうです。御寺(みてら)とは、この寺が皇室と関わりがふかいことからつけられた尊称ですね。余談ですが、御室仁和寺の御室(おむろ)は、元々、宇多法皇がお住まいの御室御所だったことから御室と呼ばれていますが、やはり皇室ゆかりなんですね。

(楊貴妃観音)

楊貴妃観音さまは、総門を入り参道の左右にいくつかの塔頭を見ながら、長い参道の先にある大門(重文)をくぐり、拝観料をお支払いすると、すぐ左手に楊貴妃観音堂があります。ここの観音菩薩は、玄宗皇帝が亡き楊貴妃の冥福を祈って造顕された像との伝承があり、江戸時代はじめころから楊貴妃観音と呼ばれ信仰されているそうです。伏し目がちの美しい観音様です。

   2   3

(本尊三世仏)

楊貴妃観音堂を出て大門の正面が仏殿です。ご本尊の釈迦如来(向かって左側)さま、阿弥陀如来(中央)さま、弥勒如来(右側)さまと三体もの仏様の最上位ステージにおられる如来様が、仲よく並んでおられます。この風景は、なかなか珍しいです。この3如来様は、過去、現在、未来をそれぞれ表されているそうです。ちなみに未来を示す「弥勒如来様」は、この寺では如来としてあらわされていますが、結構一つ下のステージの「菩薩」さまとして拝見することが多いのです。お釈迦様が入滅され、56億7千万年後にこの世に如来様として表れて我々を救ってくださるという、気の永い、しかし、ありがたいお話ではありまする。(笑)

仏殿の天井には、禅宗系の寺院の天井に描かれている雲竜図が、ここ密教系の泉涌寺の仏殿に描かれています。

Photo_3

【今熊野観音寺】

泉涌寺は、大きなお寺ですので、塔頭(子院)が沢山あったようですが、その一つが、西国三十三か所観音霊場巡りの第15番「今熊野観音寺」です。

西国33ケ寺巡りは、観音様(如来様の手前のステージにおられる仏様です)の霊場を巡る巡礼です。ここの観音様は、十一面観音様(秘仏)です。ちなみにご利益は、頭の病気に良いとのことで、拙も賢くなるようにお願いしときましたが、、、この歳じゃ、、、あかんよね。(笑)あ、そうそうボケ封じにもご利益があるとか、よかったよかった。。。

Photo_4

【智積院】

智積院(ちしゃくいん)、東山区にある真言宗智山派総本山の寺院です。山号を五百佛山(いおぶさん)、寺号を根来寺(ねごろじ)というそうでいろいろ名前がありますなあ。本尊は密教系の宇宙の真理を表すという、金剛界大日如来です。

智積院は、智山派の総本山ですが、その次の大本山寺院としては、千葉県成田市の成田山新勝寺(成田不動)、神奈川県川崎市の川崎大師平間寺(初詣の人出で例年日本一を争う)及び東京都八王子市の高尾山薬王院となっているようで、有名どころが結構あるんだ。

1

で、真言宗智山派の。「智山派」は、桜井市(奈良県)にある長谷寺の「真言宗豊山派(ぶざんは)」とともに、弘法大師空海から始まる真言宗(「東蜜」。同じ密教系の天台宗は「台蜜」とも呼ばれる)の中でも「新義真言宗」の系統です。これに対して、「古儀真言宗」では、高野山真言宗、東寺真言宗、醍醐派、善通寺派等々があるそうです。

2_2

と、まあ真言宗の解説は置いといて、

ここ智積院では、特別拝観料を払って、まずは、収蔵庫の長谷川等伯・久蔵父子の作とされる国宝「桜楓図」を観たかったのですが、そのうち「楓図」はなんと京都国立博物館の「国宝展」に出張中とのことでした、、、残念(>_<)、ていうか、京都国立博物館って、お隣にあるんだけど、、、またの機会に。。。

次に、国の「名勝」に指定されている「利休好みの庭」と伝えられる庭園でゆっくり、静かに時間が流れるひと時を過ごしました。やっぱり、この辺まで足を伸ばす東アジアの方々はおられませんので、静かで京都らしい雰囲気をひと時楽しむことが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »