桜シリーズⅡ

法華寺の秘仏「十一面観音菩薩様」が期間限定の御開帳でした。

11

ふぢはら の おほき きさき を うつしみ に あひ みる ごとく あかき くちびる

秋艸道人(会津八一)南京新唱より

「藤原の大き后をうつしみに相見るごとく赤き唇かな」

藤原時代のあの光明皇后(聖武天皇皇后)を実際に目のあたりに見るような生き生きとした美しい赤い唇の色であることよ。

12

今日は、光明皇后様をコピーしたとされる、ご本尊十一面観音菩薩様の年2回(春は、6月5日~6月10日、秋は、10月25日~11月10日って、チラシには書いてありましたが、、、直接確認してね)の特別開扉の日。行ってきました(笑)。

13

法華寺は、奈良市の法華寺町にあります。奈良時代には日本の総国分尼寺とされたそうです。本尊は十一面観音菩薩様。開基は光明皇后とされています。真言律宗に属していましたが、平成11年光明宗となったそうです。

14

詳しくは、こちら↓

http://www.hokkeji-nara.jp/

会津 八一

(あいづ やいち、會津八一)明治14年生まれ。歌人・美術史家・書家。雅号は、秋艸道人。法隆寺をはじめ、奈良の美術を愛し、その美を広く全国に伝えようと活動した。27歳で初めて奈良を訪問して以来、生涯35回にわたって奈良を訪問。その感動を歌に詠み、書を書き、出会った古仏については、論文にまとめた。八一の自筆歌碑が奈良県内に多く残されている。


にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高遠城跡のコヒガンザクラ。。。(長野県)

Photo
最近、餓鬼の頃からのお友達である、M村、M尾、Y本諸氏との定例会のようになった、2~3ケ月に一度の、日帰りバスツアー。

今回は、またまた長野県まで、、、。今年の、奈良の桜(ソメイヨシノ)はすでに終わったのですが、高遠にある「高遠城跡」の桜が満開だとか。

Dscf2488   Dscf2480

いやいや、たしかに満開でした。ここんとこの雨空を心配しつつも、近鉄電車で名古屋まで、そこからバスで中央道を経由で高遠まで、延々、電車とバスの車中ではありましたが、なんとか空も曇りながら持ちまして、満開の桜を堪能した次第。もちろん帰りは、車中の飲み会で楽しく旅行させていただきました。

Photo_2

ちなみに高遠城跡の桜は、「タカトオコヒガンザクラ」と呼ばれ、我々なじみのソメイヨシノより、花が小ぶりで赤みがつよい、、、とのとです。

(高遠桜祭りのHP)

http://takato-inacity.jp/h27/

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

わたしのお勧め桜、、、さあ花見に行きましょう (^_-)-☆

ただ今、桜前線が、奈良地方に居座っています。

今週いっぱいが勝負(じゃない、、、見頃)です。

ヤフー天気予報(奈良県)は、

31()晴れ、1()曇り時々雨クゥゥゥッ残念、2()曇り、3()曇りで、45日の土日も残念ながら曇り時々雨、、、。いまいちか、、、(>_<)

とりあえず、私の好きな中和地域の桜の名所をご紹介します、、、過去のブログ記事です、、、すみません。

Photo_2             三多気の桜
※開花時期は毎年変わりますので、地元の役所、観光協会、HPなどで、必ず確認してくださいね、、、、、私も、毎年、時期尚早とか散った後、、、なんてのもざらにありますから、要注意です。。。()

西光寺の枝垂桜(宇陀市室生地区)

時期的には、4月中旬ですね、、、たった1本の枝垂れですが、

http://yamanobe.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-8fc2.html

又兵衛桜(宇陀市宇陀地区)

誰もがご存知の後藤又兵衛が植えた?桜、、、ここは今週が見頃と思います、

http://yamanobe.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-0d60.html

仏隆寺の先年桜(宇陀市榛原区赤埴 )

今週は少し早いかも、、、幹線道路から車規制あり、昨年は、バスのピストンがありました。

ここも、奈良県では有名な桜、桜と言うのは、わたしゃ色々な楽しみ方があると思いますが、、、桜の下で飲んだくれのも良し、彼女とデートもよし、、、ここの桜は古刹仏隆寺の石階段と「モチヅキザクラ」とのマッチングが写真撮影に良し、、、ただし、見学者が多くて、シャッターチャンスがなかなか来ないのが欠点、

http://yamanobe.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-0396.html

権現桜(桜井市瀧蔵神社)

チョットマニアックなところでは、ここかな、ま、山に植わるはかない1本の桜です。

http://yamanobe.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-c25d.html

天理ダムの桜(天理市旧の国道25号線沿い)

天理ダムの放水口の下にある(名もない)桜、年と気候によっては、ピンクの桜と、真っ白な桜が同時に見れるのですが、、、ことしはどうかなあ、、、

http://yamanobe.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-60a1.html

Photo_6_2              権現桜
権現桜(桜井市瀧蔵神社)

私のちょっとしたお勧めです。桜井の山中、名刹長谷寺から、名阪国道(25)に向かう途中、笠地区をチョット過ぎたところを山中に分け入ります(小型車ならOK)

http://yamanobe.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-c25d.html

三多気の桜(みたけのさくら)

奈良と三重の県境にある桜、全体の風景に溶け込んだ桜が最高ですよ

花期は、4月上旬~4月中旬

交通案内   近鉄大阪線名張駅から三重交通バスで敷津下車直接、三多気に行く場合は杉平下車(本数は少ない)・・・マイカーがベストかな

http://yamanobe.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-1dd3.html

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

願わくば、花の下にて、、、(弘川寺の桜)

Photo

「願わくば 花の下にて 春死なん その如月の 望月のころ」(山家集より)

西行の辞世の句です。西行は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人。藤原氏の名門の出で、北面武士というエリートコースを投げ棄てて、放浪の半生を生きた人。河内国の弘川寺(大阪府南河内郡河南町)に庵居し、建久元年(1190年)にこの地で入寂したとのこと。享年73歳。

1 2

チョット桜の時期には遅かったようです。桜山があり、満開のタイミングに来れば凄いロケーションのようですが、、、拙者、ネットの開花予想に忠実に来たのに、今年の桜は、早すぎますよね。今週の土日は嵐の模様、花散らしの天候のようです。

34

5 6

弘川寺(ウイッキペキア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%98%E5%B7%9D%E5%AF%BA

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大阪城の桜

Photo_3

久しぶりに昼休み大阪城をウォーク。。。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大和三山の桜景色

P1000006

耳成山の桜、標高140メートルの小高い丘のような山、麓の池の周りに咲く“桜“と真っ白な”雪柳“の組み合わせが綺麗です。

P1000009

畝傍山遠景と藤原京跡の池の堤に咲く桜です。畝傍山は標高199メートル、円錐形の綺麗な山容です。

残念ながら、時間の都合で、香久山の桜は探せませんでした。

持統天皇の御歌
「春すぎて夏來にけらし白妙の 衣ほすてふ天の“香具山”」

天智天皇の御歌
「“香具山”は“畝傍”を愛しと“耳成”と、相争ひき神代よりかくなるらし古へもしかなれこそうつせみも褄を争ふらしき」

大和三山(ウイッキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E4%B8%89%E5%B1%B1

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

飛鳥川の夜桜

Photo

恒例の、花見にM尾君、M村君と、大和八木(橿原市)の居酒屋で、桜の無い宴会。2時間規制でお店を追い出され、とぼとぼと「飛鳥川」堤に。チョット冷え込んだことから、桜は満開で、提灯もあるんですが、人の出がほとんどありませんでした。我々も寒いから飲み直しと、あいなった次第。

Photo_2 いずれもM尾氏撮影

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

醍醐の花見へ、、、(京都山科)

Photo_3

久しぶりの京都行、、、お寺検定で、京都のお寺や仏様達に手こずったので、京都を勉強するべえと、そぼ降る雨の中、出かけてきました京都山科。

Photo_2

ネットの桜開花予報では、28日現在、京都で見頃になっていたのは、醍醐寺くらい。そんなら太閤秀吉様ならぬ、拙者の「醍醐の花見」とあいいなった次第。

Photo_4

世界遺産の醍醐寺。真言宗醍醐派總本山。京都市伏見区にあり。国宝五重塔をはじめ数々の 国宝・重要文化財を蔵する醍醐寺の境内、行事、略縁起などが有名です。霊宝館におられる国宝薬師三尊さま達や、金堂の薬師如来さまにもお会いしてきました。
うぅぅ~やっぱ桜は綺麗でしたね。今週末がピークでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|